以前の記事では、子ども連れキャンプを充実させるための事前確認や準備のポイントについてご紹介しました。
しかし、キャンプを充実したものにするためにもうひとつ重要なことがあります。

それは最終日にやってくる「後片付け」です。

面倒なものではありますが、来た時と同じ状態にして撤収してこそ、一人前のキャンパーです。
「後片付けが大変だったからもうキャンプはこりごり…」なんてことにならないよう、この記事ではキャンプの後片づけが楽になるコツをご紹介します。
自宅での準備やキャンプ中にもちょっとしたことを心がけておくと、後片付けがぐっと楽になりますよ。

自宅での一工夫

食材は下準備しておこう

食材を事前に購入して自宅で切っておくと、キャンプ場で出る生ゴミが減るだけでなく、包丁やまな板を洗う手間も省けます。
このとき、衛生面には十分注意することを忘れずに。
このほかにも、事前に串に肉や野菜を刺しておく、肉に下味をつけておく、などの工夫もできますね。

ゴミ分別用の袋を用意しよう

キャンプ場では細かいゴミの分別が設けられていることが多いです。
それに備えてゴミ分別用の袋を少し多めに持参しましょう。
なお、キャンプ場によっては、指定のゴミ袋を購入して使用する必要がある場合もあります。
その場合でも、濡れているものを持ち帰るのに大きな袋は役立ちますので、多めに持参して損はありません。

キャンプ中の一工夫

キャンプ場のゴミ捨てのルールを確認して分別しよう

キャンプ場に着いたら、多くの場合管理人さんからゴミ分別のルール説明があります。
きちんと説明を聞き、キャンプ中からゴミを分別しておけば、最終日の片付けが楽になりますね。

焚火台やグリル台にはアルミを

焚火台やグリル台にはアルミ箔を敷いておくことで、灰の片付けがとても楽になります。
通常のアルミ箔だと薄くて穴が開く可能性が高いので、キャンプ専用の丈夫なアルミ箔がおすすめです。

お皿にラップを敷いて洗いもの削減

これは災害時にも役立つ知識としてよく紹介されていますが、お皿にラップを敷いておけばお皿が汚れないため、洗い物を減らすことができます。
キャンプ場の洗い場は食後に混み合うことが多いですが、洗い物を少なくして短時間でさっと済ませることができればスマートですね。

食べられる量を調理しよう

はりきって料理を作ったものの食べきれず残飯が出てしまうと、後片付けも大変になります。食べきれる量を調理することを心がけましょう。
夜にごはんを炊いて食べきれなかった場合、翌朝お茶漬けやリゾットなどにリメイクして朝ごはんにすることもできます。

最終日の朝ごはんは簡単に

最終日はチェックアウトの時間まで意外に慌ただしいもの。
そんなときに、朝ごはんをつくるのにまた焚火や炭の火を起こすと、片付けが大変になります。
最終日の朝ごはんはシングルバーナーなどで簡単に調理できるもの(目玉焼き、ソーセージ、スープなど)を選びましょう。
先述したように、前日つくったものを簡単にリメイクするのもおすすめです。

片付け中の一工夫

寝袋・テントは起きたらすぐ乾燥させよう

朝起きると、寝袋は汗で、テントは寒暖差によって湿っています。
湿ったままで収納すると確実にカビが生えてしまいます。
そこで、これらのアイテムは起きたらすぐに、車のボンネットや木に張ったロープにかけて乾燥させましょう。
ちなみに雨の場合はそれができないため、帰宅後に乾燥させることになります。
自宅に庭や広めのベランダがあれば問題ないのですが、そうでない場合は晴れた日に近くの公園まで出向いて干すことになります。

レジャーシートに片付いた荷物を仮置きしよう

片付いた荷物を車に積み込むまでの間仮置きしておけるレジャーシートがあると大変便利です。
キャンプは荷物が多いため、片付いた荷物から車に積んでいてはきれいに車に収まりません。
かといって地面に直置きしておくと、せっかくきれいにした荷物がまた汚れてしまいます。
そこで、大きめのレジャーシートを広げ、そこに片付いた荷物をどんどん置いていきます。
荷物がすべて揃ったところで順番を考えながら車に積み込んでいくとスムーズですよ。

家で後片付けが必要なものは一か所にまとめて積もう

車に荷物を積む際、家で後片付けが必要なものとそうでないものをだいたい分けておくことをおすすめします。
家で後片付けが必要でないものは車の奥の方に積み、次回のキャンプまでそのまま積みっぱなしでもいいでしょう。
一方、家で後片付けが必要なもの(衣類、家でも使用する食器類など)は手前に積んですぐ取り出せるようにしておくと、自宅に着いてからの片付けが楽になります。

次回買い足すべきものをチェックしておこう

今回のキャンプで使い切った、あるいはもうすぐ使い切りそうな消耗品は何か、キャンプ場で後片付けをしている際にチェックしてしまいましょう。
こうすることで、自宅に着いてから、あるいは次回のキャンプに行く直前に、荷物をひっくり返して足りないものを確認する手間が省けます。

おわりに

いかがでしたでしょうか。
キャンプに付き物の後片付けも、一工夫することで各段に楽になり、最終日にばたばたすることもなくなりますよ。
ぜひ次回のキャンプで実践してみてください。